シミを効率良く治療する方法【綺麗な肌を取り戻そう】

女の人

光線でメラニンを消す

注射

治療の主な流れや内容

シミは紫外線によるダメージやマッサージなどの刺激、ターンオーバーの乱れなどが原因でメラニンが発生してできます。メラニンは肌を守るために必要なものです。普通であれば、ターンオーバーの流れで、古い角質と一緒に排出されます。しかし、加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどでターンオーバーが乱れると、排出されずに表皮に沈着し、茶色くなって浮き出てくるので注意が必要です。毎日の規則正しい生活や紫外線対策、スキンケアなどでシミを予防することはできます。しかし、一度表皮に沈着してしまったメラニンを、セルフケアで完全になくすには時間がかかります。できたてであればまだ改善の見込みはありますが、できてから時間が経過したシミの場合は、特にセルフケアで改善できない場合が多いです。自分で改善できない場合は、美容皮膚科クリニックを利用するという手段があります。美容皮膚科には、シミをなくすための美白系治療メニューが沢山あります。そして、予算、通院回数、得られる治療効果などから、自分にあった治療法を選ぶことができます。「できるだけ費用を抑えて治したい」なら、レーザーがおすすめです。黒い色素に反応するレーザー光線をシミに照射して、メラニンをピンポイントで分解する治療で、5ミリ以内の小さなシミであれば、5000円程度でレーザー治療ができます。高くても1万円以内です。しかも、一回のレーザー照射で薄くなるので、クリニックに通院する必要がなく、とても経済的です。レーザーはホクロ、痣、ニキビ跡などを消したいときにも効果的です。このレーザー治療のデメリットとしては、レーザーを照射したあと、しばらく肌が凹むことです。コラーゲンが生成され、肌の凹みが完全に元に戻るまでには、長いと半年くらいかかります。また、レーザーを照射した直後は出血があるため、3日くらいは絆創膏などの保護テープを貼ったままにしておく必要があります。絆創膏は肌色をしていますが、上からファンデーションを塗ってもよく見ると他人に気づかれてしまいます。レーザー治療をしてすぐに学校や会社に行く場合は、その辺を考慮した上で受けるようにしましょう。時間が取れない、あるいは「絆創膏をしたくない」「自然な感じでシミを消したい」というなら、フォトフェイシャルまたはフォトシルクプラスなどの光治療があります。フォトフェイシャルは、レーザーのように肌に光線を照射する治療です。レーザーよりも低出力なので、肌に穴が開いたり出血したりすることはないのがメリットです。また、フォトフェイシャルはシミ一つを消すのではなく、顔全体にあるシミ、ソバカス、ニキビ跡、毛穴の開きなどに対して効果があります。照射を繰り返すと、だんだんシミやソバカスが濃くなってきて、かさぶたになってはがれてなくなります。くすみや赤みもなくなり、透明感のある白い素肌に生まれ変わるのがフォトフェイシャルの魅力です。ただし、フォトフェイシャルの場合、一回あたりの効果が弱いので、何回かクリニックに通院する必要があります。肌の状態にもよりますが、3回から5回程度通院して照射するのが一般的です。フォトフェイシャル一回の料金は1万円が相場です。ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入などの美白系治療と併用すると割安になることが多く、さらに高い美白効果が得られます。

Copyright © 2017 シミを効率良く治療する方法【綺麗な肌を取り戻そう】 All Rights Reserved.